試合結果

同志社大学 立命館大学
4 1

スコアボード

同志社大学 立命館大学
2 1 0
0 2 0
0 3 0
0 4 0
0 5 1
1 6 0
0 7 0
1 8 0
0 9 0
4 R 1

試合詳細

4月13日大阪シティ信用金庫スタジアムにて行われました、春季リーグ戦第五節二試合目対立命館大学は4-1で同志社大学が勝ちました。

一回表、先攻の同志社大学の攻撃は、二番柴山(スポ3・中京)が安打で出塁すると、続く三番小松(社2・花巻東)が内野安打、四番烏田(政4・九州学院)が四球を選び、二死満塁のチャンスで、六番佐藤(大)(社2・九州学院)が適時打を放ち、2点を先制する。(同2-0立)

五回裏、後攻の立命館大学の攻撃は、六番が四球で出塁、更に七番の犠打を送球ミスし、一死3塁とピンチを招くと、八番が適時打を放ち、1点を返される。(同2-1立)

六回表、同志社大学の攻撃は、 先頭の六番佐藤(大)が安打を放ち出塁し、続く八番澤村(スポ4・PL学園)が四球を選び、一死1.2塁とチャンスを作ると、相手のパスボールにより、一死1.3塁とチャンスを広げる。九番戸澤(スポ2・上田西)の代打で出場している佐藤(唯)(スポ3・花巻東)がスクイズを決め、1点を追加する。(同3-1立)

八回表、同志社大学の攻撃は、七番寺田(社2・春日部共栄)が四球を選び、続く八番澤村が安打を放つと、九番野口(経2・時習館)が犠打を決め、二死2.3塁とチャンスを作る。更に、一番小熊(スポ4・花巻東)の打球がエラーを誘い、三塁ランナーが帰還し、1点を追加する。(同4-1立)

九回裏、六回から登板している野口が最後まで好投を続け、試合終了。(同4-1立)

この結果、9勝1分で春季リーグ戦を優勝し、関西選手権に出場を決める。

(立)吉本[6回]-二宮[3回]
(同)戸澤[5回]-野口[4回]

同志社(安打=9 残塁=10)