試合結果

同志社大学 大阪大学
2 1

スコアボード

同志社大学 大阪大学
0 1 0
2 2 0
0 3 1
0 4 0
0 5 0
0 6 0
0 7 0
0 8 0
0 9 0
2 R 1

試合詳細

4月5日大阪南港中央野球場にて行われました、春季リーグ戦第四節二試合目対大阪大学は2-1で同志社大学が勝ちました。

二回表、先攻の同志社大学の攻撃は、四番烏田(政4・九州学院)が四球を選び出塁すると、続く五番加藤(達)(スポ3・東北学院)が内野安打を放ち、六番佐藤(大)(社2・九州学院)が犠打を決め、1死二.三塁から七番寺田(社2・春日部共栄)の凡打の間に生還し、1点を先制する。更に八番澤村(スポ4・PL学園)が適時二塁打を放ち、この回2点を先制する。(同2-0阪)

三回裏、後攻の大阪大学の攻撃は、八番、一番と四球を選び、2死一.二塁を作ると、二番が適時打を放ち1点を返す。(同2-1阪)

九回裏、初回から登板している富永(法4・小城)は、五番に安打を浴びると、続く六番が二塁打を放ち、七番が四球を選び、無死満塁のピンチを背負う。しかし、その後三者連続三振を取り、ゲームセット。見事リーグ戦優勝を決めた。(同2-1阪)

(阪)上川[9回]
(同)富永[9回]

同志社(安打=5 残塁=3)