試合結果

同志社大学 大阪大学
8 0

スコアボード

同志社大学 大阪大学
0 1 0
0 2 0
0 3 0
7 4 0
1 5 0
0 6 0
0 7 0
× 8 ×
× 9 ×
8 R 0

試合詳細

七回表同志社大学の攻撃では、5番前川(4.川西緑台)が二塁手の失策で出塁、さらに盗塁を決めると、6番加藤達(4.東北学院)が右前安打を放ち、盗塁に成功する。その後7番田原(2.長野西)が左越え適時二塁打を放ち2点を先制する。また、8番池田(2.中京)が三塁手の失策で出塁すると、9番柴山(4.中京)が中前安打を放ち、続く1番小松(3.花巻東)、2番川田(2.畝傍)の連続の適時打で2点を追加し、3番佐藤大(3.九州学院)の犠飛でもう1点を追加する。

さらに三塁手の失策の間に小松が生還、この回2度目の打席の5番前川が左前適時打を放ちこの回一挙に7点を獲得する。

(同7-0阪)

五回表同志社大学の攻撃では、8番池田が死球を受け出塁し、盗塁を成功させると1番小松の右中間適時二塁打でさらに1点を追加する。

(同8-0阪)

その後も鈴木(3.港)が阪大打線に隙を与えないピッチングで0点に抑え、コールド勝ちで試合終了。

リーグ戦初勝利となった。

(同)鈴木(3.港)[7回]

(大)高畑[4回途中降板]-澤崎[2回]-藤井[1回]

同志社(安打=10 残塁=7)