試合結果

創価大学   同志社大学
0 12

スコアボード

創価大学   同志社大学
0 1 2
0 2 1
0 3 0
0 4 5
0 5 1
0 6 3
0 7 ×
  8  
  9  
0 R 12×

試合詳細

1回裏、後攻の同志社は先頭の1番末澤(スポ3)が四球で出塁すると、2番中黒(経4)の犠打、4番山崎(スポ3)の内野ゴロ、相手のエラーにより1点を先制する。更に続く5番岡本(商1)がタイムリーを放ち、1点を追加する。(創0-2同)
2回裏、1番末澤、2番中黒が連続四死球で1、2塁とすると、3番松田(商3)の内野ゴロ、4番山崎の四球により押し出しで1点を追加する。(創0-3同)
4回裏、2番中黒が四球で出塁すると、3番松田の安打、4番山崎の四球で満塁とする。続く5番岡本にHRが飛び出し、一挙に4点を追加する。更に6番森(商2)が四球で出塁すると、盗塁、7番松本の内野安打、8番清瀬(政3)の犠飛により1点を追加する。(創0-8)
5回裏、先頭の1番末澤が安打で出塁すると、盗塁を決め2塁へと進む。3番松田の安打、4番山崎の内野ゴロの間に1点を追加する。(創0-9同)
6回裏、6番森が四球で出塁すると、盗塁を二つ決め、3塁へと進む。8番清瀬の内野安打により1点を追加する。更に代打篠原(商2)の安打、2番中黒のタイムリーによりダメ押しの2点を追加する。
守っては、先発の川添(経4)が5回を2安打無四球の完璧なピッチングを披露し、相手打線を無失点に抑えた。7回7点差コールドの規定により、12対0のコールド勝ちで試合終了。
(同)川添-下田-長谷川
(創)鳥井-星-市川
(安打=9、残塁=10)