試合結果

同志社大学 神戸大学
7 2

スコアボード

同志社大学 神戸大学
0 1 0
0 2 0
1 3 0
0 4 0
1 5 2
2 6 0
0 7 0
0 8 0
3 9 0
7 R 2

試合詳細

本日 9月30日(金)大阪南港中央野球場で行われました、秋季リーグ戦 対神戸大学の試合は7-2で勝利致しました。

三回表、先攻の同志社大学は、九番澤村(スポ2・PL学園)が四球により出塁し、続く一番小熊(スポ2・花巻東)が犠打を決め、続く二番高須(商3・今治西)が内野安打により出塁すると、続く三番坂枝(経3・高松)のタイムリーにより、三塁ランナーが生還し1点を先制する。(同1-0神)

五回表、九番澤村が四球により出塁し、続く一番小熊、続く二番高須が進塁打を決めると、続く三番坂枝のタイムリーにより、三塁ランナーが生還し1点を追加る。(同2-0神)

五回裏、後攻の神戸大学は、六番が安打により出塁し、続く七番がエラーにより出塁すると、九番のタイムリーツーベースにより、二、三塁ランナーが生還し、同点とされる。(同2-2神)

六回表、五番辻(社3・郡山)、続く六番河野(文3・京都外大西)が連続四球により出塁し、続く七番長門(経3・一条)が内野安打により出塁し、続く代打松本(スポ3・市立東)が内野ゴロで三塁ランナーの封殺された間に出塁すると、続く九番澤村のタイムリーツーベースにより、二、三塁ランナーが生還し、2点を追加する。(同4-2神)

九回表、二番高須が安打により、続く三番坂枝が内野安打により出塁し、続く四番清原(経3・光泉)が相手の野手選択により出塁すると、続く五番辻、六番河野の連続タイムリーにより、2点を追加する。さらに続く七番長門の併殺打の間に、三塁ランナーが生還し1点を追加する。(同7-2神)

九回裏、相手の攻撃を三者凡退に抑え、試合終了。

(神)久保田[8回]-武田[1回]
(同)青木[5回]-加藤(佑)[2回]-竹内[2回]

同志社(安打=11、残塁=10)