試合結果

同志社大学 大阪大学
13 2

スコアボード

同志社大学 大阪大学
1 1 0
2 2 1
1 3 0
0 4 0
4 5 1
5 6 0
0 7 0
8
9
13 R 2

試合詳細

1回表、先攻の同志社大学は、先頭の1番末澤(スポ3)の安打、2番森(商2)の犠打、5番内山(商3)のタイムリーにより幸先よく1点を先制する。(同1-0阪)
続く2回表、先頭の6番松本(スポ2)の三塁打、連続四球、内野ゴロの間に1点追加。更に1番末澤の犠飛によりもう1点を追加する。(同3-0阪)
2回裏、大阪大学は、先頭の4番の安打、5番の犠打、7番のタイムリーにより1点を返される。(同3-1阪)
しかし3回表、5番内山がエラーで出塁すると、相手の悪送球の間にホームへ生還し、1点を追加する。(同4-1阪)
5回表、先頭の3番松田(商3)の安打、4番山崎(スポ3)の四球、5番内山の犠打、6番松本の安打で1点を追加。更に続く7番岡本、8番鈴木(経3)の連続タイムリーで2点を追加すると、暴投の間にもう1点を追加し、この回一気に4得点。(同8-1阪)
5回裏、6番がエラーで出塁すると、7番の犠打、8番の安打、1番のタイムリーで1点を返される。(同8-2阪)
6回表、先頭の3番松田の四球、4番山崎の犠打、5番内山、6番松本の連続エラー、7番岡本の二塁打で2点を追加。更に、9番代打橋本(法3)、1番末澤の連続四球、2番森のタイムリーでダメ押しの3点を追加。この回一挙5得点。(同13-2阪)
守っては、先発の下田(スポ2)が安定したピッチングを見せ、7回7点差コールドの規定により、13対2の7回コールド勝ちで試合終了。

(阪)加藤-山本-秋山、(同)下田-福留:(同志社:安打=10、残塁=7)