試合結果

同志社大学 関西大学
2

スコアボード

同志社大学 関西大学
1 1 0
0 2 1
1 3 1
2 4 0
3 5 0
0 6 0
0 7 0
2 8 ×
9
9 R

試合詳細

一回表、先攻の同志社大学は、2番平野(スポ3・川西緑台)、3番篠原(商3・中京)の連続四球、4番岡本(商2・三重)のエラーの間に二塁ランナーが生還し、一点を先制する。(同1-0関)
二回裏、後攻の関西大学は、7番の四球、8番の犠打、1番2番の連続安打により同点とされる。(同1ー1関)
三回表、3番篠原の三塁打、相手投手の暴投により一点を勝ち越す。(同2-1関)
三回裏、5番の四球、6番7番の連続安打により再び同点とされる。(同2-2関)
四回表、8番代打高須(商1・今治西)の四球、9番苗村(スポ3・膳所)の犠打、1番森(商3・北海)の死球、2番平野のセーフティスクイズにより一点勝ち越し。さらに3番篠原の四球により押し出しでもう一点を追加する。(同4-2関)
五回表、6番坂枝(経1・高松)の安打、7番松本(スポ3・光星学院)の四球、8番山下(生命2・加古川西)の安打、9番苗村のタイムリースリーベースにより一挙三点を追加する。(同7-2関)
八回表、4番岡本の四球、5番福井(商2・近江)の安打、6番坂枝の犠打、7番松本のタイムリーにより一点を追加する。さらに8番代打辻(社1・郡山)の犠飛により一点を追加する。(同9-2関)
ここで、7点差コールドの大会規定により、9-2の8回コールドで試合終了。

(同)工藤[3回]-山下[4回]-青木[1回]、(関)出口[4回0/3]-吉田[2回3/3]-小川[1回]、同志社(安打=10、残塁=12)