試合結果

立命館大学 同志社大学
7 4

スコアボード

立命館大学 同志社大学
0 1 0
0 2 0
0 3 0
0 4 1
0 5 2
4 6 1
1 7 0
2 8 0
0 9 0
7 R 4

試合詳細

本日5月21日(土)ベイコム野球場で行われました、関西地区二次トーナメント 対立命館大学の試合は4-7で敗戦致しました。

四回裏、後攻の同志社大学は、四番岡本(商4・三重)のホームランにより、1点を先制する。(立0-1同)

五回裏、一番福井(商4・近江)が四球により出塁し、続く二番小熊(スポ2・花巻東)が犠打を決めると、三番坂枝(経3・高松)のタイムリーツーベースにより二塁ランナーが生還し、1点を追加する。続く四番岡本が敬遠により出塁すると、五番清原(経3・光泉)のタイムリーによりさらに1点を追加する。(立0-3同)

しかし六回表、一番が安打で出塁し、続く二番が犠打を決め、続く三番が安打、四番がエラーにより出塁すると、続く五番のタイムリーにより三塁ランナーが生還し、1点を返される。続く六番が死球による押し出しでさらに1点を返される。さらに続く七番の犠飛、続く九番のタイムリーにより、ランナーが2人生還し、この回立命館に4点を入れられ逆転を許す。(立4-3同)

六回裏、八番佐藤(スポ2・花巻東)が安打により出塁し、続く一番福井が野手選択の間に出塁、二番小熊が内野ゴロで一塁ランナーが封殺の間に出塁すると、三番坂枝のタイムリーにより、三塁ランナーが生還し1点を返し、同点とする。(立4-4同)

七回表、二番が安打により出塁、盗塁を決め、三番が進塁打を決めると、四番のスクイズが決まり、1点を勝ち越される。(立5-4同)

八回表、六番、七番に連続四球を与え、重盗が決まると、続く八番、九番の犠飛により2点を追加される。(立7-4同)

九回裏、三番坂枝、四番岡本が連続安打で出塁しチャンスをつくるも、最後は併殺に打ちとられ、試合終了。

(同)青木[5回1/3]-竹内[2/3]-山下[2回]-小野[1回]
(立)村上[4回1/3]-酒井[4回2/3]

同志社(安打=10、残塁=11)

この結果同志社は二次トーナメント敗退となりました。
球場まで足を運んで頂いた方を含め、たくさんの応援・ご声援ありがとうございました。
これにより、4回生の引退が決まり、チームは来月4日より新体制で始動致します。