試合結果

大阪経済大学 同志社大学
2 6

スコアボード

大阪経済大学 同志社大学
1 1 0
0 2 1
0 3 1
0 4 0
0 5 1
0 6 0
0 7 3
1 8 0
0 9 X
2 R 6

試合詳細

5月17日大阪シティ信用金庫スタジアムにて行われました、関西選手権大会決勝戦対大阪経済大学は 6-2で勝ちました。

一回表、先攻の大阪経済大学の攻撃は、一番が二塁打、二番が安打で出塁すると、一死1.2塁で四番が適時打を放ち、1点を先制する。(経1-0同)

二回裏、後攻の同志社大学の攻撃は、五番佐藤(大)(社2・九州学院)が右越え二塁打を放つと、七番加藤(達)(スポ3・東北学院)が中前適時打を放ち、1点を返す。(経1-1同)

三回裏、同志社大学の攻撃は、一番小熊(スポ4・花巻東)が四球を選び出塁すると、二番柴山(スポ3・中京)が犠打を決め、三番小松(社2・花巻東)の右飛により、二死3塁とチャンスを作ると、四番烏田(政4・九州学院)の中前適時打により 1点を追加する。(経1-2同)

五回裏、同志社大学の攻撃は、二死から四番烏田が左越え本塁打を放ち、1点を追加する。(経1-3同)

七回裏、同志社大学の攻撃は、一番小熊が死球で出塁すると、二番柴山の打球を左翼手が失策し、無死2.3塁とチャンスを作る。続く三番小松が左前適時打を放ち、2点を追加する。 更に四番烏田の打球を二塁手が失策し、六番佐藤(唯)の代打で出場の前川(スポ3・川西緑台)が右前適時打を放ち、1人帰還。この回3点を追加する。(経1-6同)

八回表、大阪経済大学の攻撃は、六番の安打、盗塁、失策により無死3塁とチャンスを作ると、八番の凡打の間に1点を返す。(経2-6同)

九回裏、初回から登板しているエース富永(法4・小城)が好投を続け、最後は三振に打ち取りゲームセット。(経2-6同)

これにより関西選手権を四季連続優勝成し遂げ、関西第一代表として、無敗で全国選手権に挑む!
沢山のご声援ありがとうございました。

(経)小路[3回]-田中[3回]-崎山[2回]
(同)富永[9回]

同志社(安打=8 残塁=8)
198AB271-9D9E-483D-AB18-EA3B2DD1FE34