試合結果

同志社大学 大阪大学
2 9x

スコアボード

同志社大学 大阪大学
1 1 0
0 2 1
0 3 1
1 4 7
0 5 0
0 6 0
0 7 x
2 R 9

試合詳細

本日4月8日、大阪南港中央野球場で行われました春季リーグ戦第三節 対大阪大学との一戦目は7回コールド2-9で敗戦いたしました。

一回表、先攻の同志社大学は一番福井(商4・近江)が死球で出塁し、二番小熊(スポ2・花巻東)が犠打を決めると、続く四番岡本(商4・三重)が四球で出塁し、続く五番佐藤(スポ2・花巻東)の打席の際の、二塁への送球の間に三塁ランナーが生還し1点を先制する。(同1-0阪)

二回裏、後攻の大阪大学は四番が安打で出塁すると、続く五番のタイムリースリーベースにより一塁ランナーが生還し、1点を返され同点となる。(同1-1阪)

三回裏、一番が四球、続く三番が二塁打により出塁すると、四番の犠飛により三塁ランナーが生還し、1点を勝ち越される。(同1-2阪)

四回表、四番岡本が遊ゴロで一塁ランナーが封殺された間に出塁し、五番佐藤が死球、続く五番今井(スポ3・清教学園)が四球で出塁すると、七番河野(文3・京都外大西)の犠飛により三塁ランナーが生還し、1点を返し同点とする。(同2-2阪)

四回裏、六番が四球、続く七番が死球、続く八番が安打で出塁すると、九番の打席の間のエラーによりランナーが2人生還し、2点を勝ち越される。続く一番が内野安打で、続く二番が三塁ランナーが封殺された間に出塁すると、三番の四球により、押し出しで1点を追加される。さらに続く四番の打席の間の野手選択により三塁ランナーが生還し、1点を追加され、続く五番の犠飛により、さらに1点を追加される。続く六番のタイムリーツーベースによりランナーが2人生還し、さらに2点を追加される。この回一挙7点を加えられる。(同2-9阪)

七回表、代打烏田(政策2・九州学院)が相手のエラーで出塁し、続く八番高須(商3・今治西)の犠飛によりチャンスをつくるも、続く打者が三振、右フライに倒れ、大会規定により7回コールドで試合終了。

(阪)秋山[7回]
(同)小野[3回]-内藤[1回]-青木[2回]

同志社(安打=1、残塁=5)